建設工事 現場バイト 日雇い

建設工事の現場で働く!

建設工事現場作業は稼げます! ⇒ こちらで検索!

※体を動かす仕事、建設現場の作業なら短期でも1日15,000円など高収入です。

 

以前にやった日雇いのアルバイトで、現場の仕事はやっぱり日給も高くておいしかったですね。
いまも、現場の作業員は全然人が足りないらしいのでチャンスだと思います。

 

現場作業員

僕が働いたときは普通に短期バイトのところで見つけた、応募したら面接もなしで受かり

ました。指定された日に現場に直行で、制服とかヘルメットを貸与されました。

 

その時は横浜の工事現場で、大きめのビルの建設中の建物でした。

 

ちなみに建築の現場にいくと最初に入場者教育とかあるのですが、あれは安全の説明とかで面接ではありませんのでご安心を。

 

主な作業内容は、職人さんが仕事したあとの片付けとか、雑用をやる感じです。

 

フロアの床に資材の梱包材とか散らかっているので、土のう袋に集めたりします。産廃(産業廃棄物)の処理がキビシイので、ちゃんと仕分けしないとダメなんです。

 

あと大工さんの工具などを資材置き場に整理、休憩所の掃除、休憩時間にジュースをまとめて
買ったりといった、完全に雑務担当ですね。

 

 

現場の作業はキツい?

キツいのは季節によってかなり暑さになることです。
僕の時は大丈夫でしたけど熱中症にならないように、水分補修と梅干しは欠かせないです。

 

あとはエレベーターがもちろん使えないので、上の階も内部階段が足場で上がらないと行けないこと。
やっぱり肉体労働だなーとつくづく感じた。。職人さんたちは意外と優しい^^;

 

日雇いといえば現場の仕事は定番なので、一度挑戦してみるといいと思います。

現場のバイト(日雇い)体験

工事現場で電気工事の補助

 

 

父親が職人だったので、現場作業には違和感はなく、バイト探しにも工事現場を選ぶことが多かったです。

 

現場といっても、イメージする土建屋の仕事ばかりでなく、いろいろな職種の人達が働いています。

 

中でも、僕のやったバイトは電気工事の補助スタッフです。電気は資格がないとできない(電気工事1種とか2種とか)ので、バイトでは職人さんのお手伝がメインになります。
電気の仕事は、1人ではできない作業がほとんどです。電線や電材を現場に運んだり、電気器具を取り付けたりします。

 

配管の中に電線を通したりするのは、差し込む方と引っ張る方で、声がけして電線を引っ張ります。戦線のケーブルはすごい重いので苦労します。

 

でも、現場の職人さんたちはみんな優しいので、助かりました。日雇いで何回かお世話になり、いい給料をもらえて印象深いバイト経験になりました。(20代/トラックドライバー/男性)