日払いバイト 見つける方法

日払いバイトを簡単に見つける方法

普段からしっかりと収入がある方でも、特別な事情によりどうしてもお金が必要になってしまうことはよくあることです。そこで注目していただきたいのは日払いバイトです。

 

お金が足りなくなったときのバイト

 

日払いバイトはその名の通り、勤務が終わったらすぐに現金でお給料がいただけるので、お財布がピンチな時の救世主になってくれることは間違いありません。それでも、日払いのしごとなんて…と思っている方は、どうやって仕事を探すのかわからないでしょう??

 

日払いバイトをするためにどういう手順で採用されるか、調べてみました。

 

日払いのバイトを気軽に探せる方法

日払いバイトを探すにあたってまず最初にチェックして欲しいのは、日払いバイト専門の求人サイトです。
通常のバイト求人サイトでも条件を絞り込む事で日払いのアルバイトをチェックすることはできないこともないですが、やはり日払いのアルバイトに特化してるサイトのほうが、何かとスムーズに事が進みますのでおすすめです。

 

他にも日払いアルバイトを探す方法はあります。それは人材派遣会社に登録することです。しかしながら、人材派遣会社に登録した場合は、基本的には自分でアルバイトを探すのではなく、派遣会社からの連絡を待つ事が多くなるでしょう。ですから、必ずしも自分の希望したアルバイトをすることができるわけではないという点を注意しなければいけません。

 

自分でアルバイトを探すのは面倒だという方には、派遣会社への登録は上記の理由から「逆に」オススメではあります。

 

 

日払いでおすすめの仕事は何ですか?

次におすすめの日払いバイトについて紹介したいと思います。

 

大学生など特にオススメしたい日払いバイトはズバリ「試験監督」です。
拘束時間が短い割に、給与も時給に換算するとかなり割の良いアルバイトで、しかも業務内容は難しいものではありません。

 

狙い目のシーズンは大学入試試験が集中する2〜3月あたりです。勿論この期間の他にも資格試験のための監督員を募集していたりするので、こまめなチェックが必要です。まず求人サイトで試験監督の募集がかかっていたら、取り敢えず応募してみることをおすすめします。

 

試験の監視をする仕事

 

次で実際に体験した試験監督のアルバイトについて少々お話します。
私が応募した試験監督のアルバイトは、有名私立大学の試験監督アルバイトでした。試験監督と言えども、教室に入るのは大学の職員の方で、自分は試験中にトイレに行きたくなったり、具合が悪くなったりした受験生の誘導などを行いました。

 

場合によってはまったく仕事が無かったので、同じ時間帯のシフトの方と、小声で雑談などをしていました。これだけでかなりの給料を頂いたので、試験監督のアルバイトは見逃さないで欲しいです。求人サイトのこまめなチェックと時期を見極めるのが鍵です。

 

もちろん、他にも沢山の種類があります。日払いバイト・単発バイト・ど短期バイトなど、だいたい同じなので、求人サイトでこま目にチェックして求人をみつけることができます。ちょとっこだけお金がほしいとき、日払いのバイトは狙い目です。