日雇いバイト 体験

日雇いバイトの経験談

日雇いではたらく男

 

これまで、日雇いバイトとして経験した仕事がいくつかあります。
印刷関連の工場で印刷の補助の仕事を行ったり、スーパーマーケットなどで接客の仕事の経験をしました。

 

印刷の仕事は、日払いのアルバイトを行うために仕事を紹介する会社へ登録へ行った際、偶然にも自宅の近くにある印刷会社の業務を紹介されました。業務の内容に関は機械で製作する看板を受け取って専用の棚に入れ込んだり、他のスタッフと一緒に印刷物を製作する仕事でした。力や体力を必要とする作業がなかった事が安心しました。

 

派遣された印刷会社の近くに日払いのアルバイトを紹介する会社がありました。業務が終了する時に、会社からもらった用紙を印刷会社の担当者に記入してもらって、担当者名が入った用紙を会社に持ち帰って確認した後に、1日の報酬を受け取ることができました。

 

印刷会社を紹介した会社は基本的に夜遅くまで営業をしていたので、多少の残業があっても日払いでお金を貰えた事が良かったです。

 

本業がない日に、日雇いではたらく

私は本業としての仕事がない日や時間がある時に仕事の申し込みをしていました。これまで数年間、日雇いを希望しているので多くの現場を回った経験があります。

 

基本的には勤務をしたい時に電話などで登録者が連絡を入れて仕事を請け負う事が多いのですが、人員の関係で私の携帯電話に仕事の依頼などの連絡が頻繁にありました。業務の内容や時間の都合によってはすぐに登録している会社に行って、業務の内容を確認しながら短時間の日払いのパートとしても業務を請け負いました。

 

 

こんな珍し仕事の日雇いの魅力

日雇いで勤務 女

 

これまでに日雇いのバイトで一番楽しかった仕事は、みかんなどの果物を収集する業務です。みかんの収集の作業は、基本的にみかんの収穫できる冬に仕事を依頼されて、数人で農家の人の手伝いに行くのです。コンテナに摘んだみかんを入れる作業はあまり体力を必要としませんが、みかんが入っているコンテナを運ぶ作業が重労働でした。

 

農家の人と作業を行うので、自然に触れ合いながら農家の人と楽しく世間話を行う場面もありました。収穫したみかんのいくつかは持って帰ることも出来たので、果物を買わずにお得になった事も良かったです。街で暮らす私にとって今まで知ることのなかった部分なども学べた事も良かったです。農家の日払いのアルバイトやパートはおすすめの仕事のうちの1つです。

 

日雇いや日払いのパートやアルバイトは生計を目的にしたものです。その他にもお小遣い稼ぎを目的に仕事を行ったり、将来に向けて社会勉強の為に行う事がお勧めです。