思っていたのと違うバイト

イメージと違ったこんなシゴト

意外だったお仕事

「あんな仕事やってみたいなー」とか「憧れの○○バイト」って誰にもあるものです。
でも、そのバイトをはじめてみて実際はチョットと違うなーと感じることも多いはずです。

 

そこで、その仕事で働いてみて最初とイメージが違った…といったアルバイトを調べてみました。

 

実際はちょっと違う?体験者の感想など

まず塾講師や家庭教師ですが、確かに時給考えるとで高いレベルにあります。
ただし、授業のコマ数に制限(1日1コマ、週2日だけとか)があったりして、月給にすると数万円しか稼いでいない人が多いようです。

 

また、授業のスケジュールがずっと前から決まっているため、急な用事でキャンセルすることができずシフトの融通が効かないなど不都合も多いようです。

 

 

簡単でオイシイ仕事なんて甘い…?

夏休みや冬休みに旅行気分で働けると評判の「リゾート系」のバイト。
確かに観光地などで楽しく過ごせそうですが、けっこう仕事がキツイという話も聞きます。

 

イベントのスタッフは意外と

 

基本的に住み込み勤務なので、オフの時間も休んだ気がしないとかストレスを感じて帰ってくることもある。

 

お金の面も、時間が長いけど時給が低くて思ったより貯まらないとか、現地で遊びすぎて散財したとか…。しっかり事前に調査してリゾート地を選んだほうが良さそうです。

 

おしゃれのアルバイトも意外と・・・

おしゃれで仕事の内容も楽なイメージなのが、ファッション系など販売員です。日雇いや短期の契約でも勤務可能です。

 

素敵な服を着れて、雰囲気の良い店内ではたらく…一見理想的に見えますが甘い職業ではないようです。ブランドショップなどはマナーやしきたりに厳しく、研修もバッチリ受けなければダメかも。立ち仕事なのでバイト終わりは足がヘトヘトなんて声も…。それでも自分の好きなメーカーや気のある仲間と仕事ができるのは魅力的ですね。

 

定番のコンビニの仕事は?

いまやバイトの王道となったコンビニバイト。馴染みの深い存在なので作業もわかりやすそう・・・なんと思っているとタイヘンです。

 

レジの他にのやることがいっぱい。店内の掃除から納品・返品の管理、定時の点検。取扱商品もお惣菜からドーナッツなで多種多様。宅急便やチケット販売のサービスなど覚えることがメチャあるのです。それでも、シフトの同じ同僚と力を合わせてできますし、一度覚えればだんだん楽になってくるという意見もあります。

 

 

・・・いかがでしたか?どんなバイトにも、理想と現実にギャップがあるものですね。

 

年齢は勤務時間などにで制限があって、やりたくでもできない仕事もありますが、大学生ともなるとほとんどの条件はクリア出来るはず。
将来的にも何かと役立つ可能性もあるので、いろいろなバイトを経験してみるのがいいのではないでしょうか?